雛人形の正しい収納方法とは?こんな所の保管は絶対NG!

季節

もうすぐ桃の節句になりますね。雛人形を飾る季節になってきました。

雛人形は高価なものであることや、代々末永く受け継ぐこともできるものですから、大事に取り扱い、大切にしたいものですよね。

私も雛人形の収納、管理方法が全くわからず、買ったもののどう保管すればよいのか悩みました。

あなたも悩んではいませんか。そんな私はこの方法で解決することができました。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

雛人形の保管場所としてNGな場所は?

まず、雛人形はどういうところに保管するといけないのかを頭に入れておく必要があります。NGの場所をおさえておきましょう。

雛人形収納

湿気の多いところ

窓のそばや水回りに近いところといった湿気が多いところは、カビや結露を発生させます。

乾燥しすぎるところ

ヒーターやエアコンの風が直接あたるような乾燥しすぎる場所は、ひびわれをおこす可能性があります。

寒暖差があるところ

外壁に面した納戸、窓の近くなど大きな寒暖差がある場所は、木材でできている部分にゆがみが出現したり、胡粉仕上げの顔に割れや剥がれが出現する恐れがあります。

直射日光が当たる場所

日当たりのいいリビングやベランダ近くもNGな場所です。雛人形の衣裳などに使われている絹は、直射日光に当たると劣化する恐れがあるんです。

ズバリ!雛人形を保管する最適な収納場所とは

上記のNGな場所を踏まえて、雛人形の保管場所については湿気が比較的少なく、乾燥しすぎない「押入上段」や「天袋」が最適といわれています。

しかし最近家に和室も少なくなってきていることもあり、なかなか「押入上段」や「天袋」がない家庭もあるのではないでしょうか。そんな時はクローゼットの上段でも可能です。

雛人形の収納場所

ちなみに、場所がなく納戸やウォークインクローゼットに置く場合は、壁が結露しない場所かどうかチェックする必要があります。

また床置きするとホコリがたまったり、湿気によりカビが生えてしまったりするので、「高めの場所」もしくは「床と隙間をつくる(すのこ等を置いて隙間をつくる)」のがおすすめです。

雛人形の収納場所

箱に収納する時の順序

箱への収納順序は飾った時の順序を逆にしてしまうようにすると早く片付けることができます。そのため、飾った時の順序を覚えて行くと効率的です。

1.ほこりをはらう

まず人形や道具のほこりを掃います。この時毛はたきを使用してください。

化粧ブラシなどでも代用できますよ。この時お人形の顔に手が触れないように注意して下さい。

お雛様のお顔に手の油がつくと、指紋の形で浮かび上がってしまい台無しになってしまいます。

2.持ち物を外す

次に人形が持っている持ち物を外します。お雛様の持ち物はとても小さいので、なくしてしまいやすいです。

段毎にまとめてビニール袋等に入れ、どの段のものかを袋に記してしまっておくと、次に飾るときに便利ですよ。

3.人形をしまう

人形を収納ボックスに入れ、人形の間に詰め紙を入れます。その後全体を和紙などの柔らかい紙で覆い、和紙の上に防虫剤を置くことが一般的です。

また着物のすそ部分はシワになりやすいので注意しましょう。

最後に箱への納め方です。お人形を箱の中に納めるときは、隙間にうす紙等のやわらかい紙を丸めて詰め、中で動かないようにします。人形は繊細であるためやさしく扱うように心がけましょう。

防虫剤は人形用を

雛人形の収納 防虫剤

防虫剤ですが、間違って衣類用の防虫剤を入れないようにして下さい。衣類用の防虫剤は、人形の衣装に使用している金銀糸と化学反応を起こしてしまう可能性があります。

必ず「人形専用の防虫剤」を選ぶことを間違えないようにしてください。

きれいにずっと使うための一工夫を!

それは一年中家の中に置きっぱなしにするのではなく、夏を越えて秋の晴れている日に一度雛人形を出し、点検し、半日程度陰干しにすることです。

この作業はめんどくさいと思います。しかし実践することによりカビの発生を予防することができます。

少しの苦労できれいな状態で雛人形を保つことが出来るのです。秋なので季節外になりますが、大掃除の一つとして頑張ってみるのはいかがでしょうか。

こんな商品もあります!便利な雛人形専用保管グッズも紹介!

雛人形を購入した際にもらったダンボールをついついそのまま使用していませんか。

私もそうでした。結局箱が大きすぎてクローゼットの大部分を占拠してしまい、収納がうまくいかなくなってしまいました。

そんな時に見つけたのが雛人形専用の保管ケースです。保管ケースの素材は、通気性が良く防虫効果も期待できる桐の箱なので安心して使用できます。

>> 「総桐雛人形収納ケース2段 高さ54.5cmタイプ GB-0013」

コンパクトに収納でき、出し入れも簡単になるのでストレスもなくなります。

押入れやクローゼットの下段に置くことになってもキャスターがついていることにより隙間ができるので収納条件もクリアしています。

キャスターがついていることで出し入れはとても楽にできますよ!おすすめ商品なのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

管理、収納のポイントを確認しておくことで雛人形を末永く使用することができます。

ずっと大切に使い続けられるように、そして毎年飾ることができるように、ぜひ参考にしてみてください。

雛人形