人付き合いが面倒でうんざり…。おすすめの仕事は何?

生活

人付き合いって仕事になるとなんだかとても面倒に感じることってありませんか?

私は基本一人でいることが好きなので、プライベートでも人付き合いがとても面倒に感じることが多いです。

ですので仕事の人付き合いはなおのこと面倒で、会社の飲み会などは直前までいかなくてよい言い訳を一生懸命考えたりしています。

結局思いつかなくて参加するのですが家に帰るとどっと疲れます。

今回は私ほどではないにしろ、人付き合いが面倒で、できれば避けたいと考えているあなたにお勧めの仕事をご提案します。

Sponsored Link

人付き合いが面倒な仕事とはどんなもの?

人が関わることが多くなると面倒な人付き合いの機会も増えていきますよね。ではどういった職種が人付き合いが必要なのでしょうか?

一般的な職業は人付き合いが必須!

営業

営業職は法人・個人のお客様へ商品を販売するのがお仕事ですよね。取引先様と挨拶回り、打合せ、食事の機会など信頼関係を築くためには人付き合いはとても重要です。

社内でも、各部署の方々との人付き合いをし親睦を深めないと仕事が回らないので仕事としての人付き合いの頻度はとても高い仕事といえます。

人付き合いを面倒に感じる場合あまりお勧めできない仕事です。

サービス業

接客業は対人のしごとになりますので、様々な方がいらっしゃいます。人と接する=人間関係と考えるならこちらも人付き合いが必要になります。

物販の仕事ですと、ただ物を売るだけではなく末永く自社商品をご利用いただく為には顧客様との人付き合いもとても大切になりますよね。

飲食店でもやはりたくさんのお客様とのコミュニケーションが必要になりますので人付き合いは避けられません。

講師・教師

講師・教師の仕事は生徒だけでなく、生徒が幼い年齢であればあるほど保護者との人付き合いも絡んできます。

平等に気を配らないといけないため仕事としての人付き合いも複雑になりますし、気苦労も絶えません。

人と接しない仕事なら人付き合いしなくていい?

上の記事を読むと、「対人の仕事でない場合は面倒な人付き合いはしなくてもよいの?」と考えちゃいますが、会社に属している場合(特に正社員)は上司や同僚、部下とのコミュニケーションって仕事をしていく上で避けて通れませんよね。

そう考えるとやはり頻度としては少なくなるものの人間関係を構築するうえで仕事としての人付き合いはどうしても必要です。

でも仕事終わって飲み会とか面倒くさい!ランチとかも無理!そんなあなたに向いている仕事とは?人付き合いが必要でない仕事って何かあるのでしょうか。

人付き合いで疲れない仕事はどんなもの?

職場での人付き合いは、気の合う友達と違い苦手な方とのお付き合いも重要になりとっても疲れますよね。できるだけ職場の方との人付き合いが避けられる仕事をご紹介します。

マイペースにできる仕事がおすすめ

製造業

決められた流れで仕事を進められるライン作業は人付き合いが苦手なあなたにおすすめです。仕事内容さえ熟知していれば職場での人付き合いにつかれることはほぼありません。

しかし正社員になると多少社内での人付き合いが必要になってくるため、職場での人付き合いが本当に疲れる!苦手!という場合はフリーターもよいでしょう。

ポスティング・新聞配達

決まった場所に配布物をお届けするお仕事なので、面倒な職場での人付き合いはほぼないと言えるでしょう。

私は配布物を街中で配る仕事をしていましたが、職場での作業は配布物の引き取りと、終業時のタイムカード記帳のみでしたのでほぼ挨拶程度の会話くらいで済み、お付き合いで気持ちが疲れることはなかったです。

新聞配達なら早朝が主ですし、ポスティングなどは時間の自由度が高いお仕事が多いため空いた時間に仕事を掛け持ちするもよし、やりたいことに時間を使うもよし自分のペースでお仕事できます。

長距離ドライバー・配送員

ドライバーというお仕事もほとんどが自分一人の空間になる為、職場の煩わしい人付き合いの機会は避けられるでしょう。

最近では女性のドライバーさんも増えてきていますが重たい荷物を運んだり、長時間運転をしたりと重労働なため体力が必要なお仕事です。

自営業もおすすめ

エンジニア・プログラマー

プログラマーやエンジニア等は個人の能力が高ければ人付き合いはそんなに重要でない場合も多いです。

私の身近にいるエンジニアの方は職人気質というか…寡黙で淡々と作業をこなし職場で人間関係を築き上げることが苦手なのかな?と思われるタイプが多いです。

実際人に縛られたくないから、自由に仕事がしたいから職場での人付き合いに疲れたからとの理由で起業されてる方も多いです。

職業柄、専門知識が必要になるため転職しようと思ったらまず勉強することが必要になってきます。

Webライター

インターネットが手軽にできるようになり、様々な情報を簡単に検索し、知ることができるようになってきました。

そこで専門知識豊富なライターのお仕事は現在とても需要があります。

最近では動画サイトも随分と増えましたが、自分に必要な情報をピンポイントで簡単に検索し、読むことができるテキストでの情報がまだまだ主流です。

最近ではクラウドソーシングサイトに登録しWebライターのお仕事を経験することもでき、チャレンジしやすい環境にあります。

在宅の仕事であれば職場の面倒な付き合いもありませんし、チャットなどで連絡を取り合うため顔すら合わせることもありませんので職場だけでなく、人と接すること自体にものすごく疲れる方にも向いています。

まとめ

プライベートでは気の合う相手とだけ仲よくすればいいけれど、それでも気が乗らないときもありますよね。職場だとなおさらです。

現在ではよく社員交流のための社内レクレーション等のイベントを売りにしている会社も多々あります。

飲み会や社内行事など参加する度、人付き合いに向いてないなと自己嫌悪になったり人に合わせて疲れたりすることも多々あると思います。

でもそんな自分を責めないでほしいです。

その職場がたまたまあなたに合わないだけで、友達と同じようにあなたに合う環境で働けばよいだけではないでしょうか?と私は思います。

この記事で少しでもあなたの選択肢が増えますように。